--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009-08-13(Thu)

絶滅したはずの鳥は偽名で生きていた

20090812-00000000-natiogeo-int-view-000.jpg

ナショナルジオグラフィック 公式日本語サイト8月12日(水) 14時55分配信 / 海外 - 海外総合

 絶滅したはずの鳥、タスマンアオツラカツオドリが名前を変えて生きていたことがわかった。骨格とDNAについて調べた結果、近縁種と推定されていたアオツラカツオドリとまったく同一の種であると判明したという。

 オーストラリアとニュージーランドに挟まれたタスマン海に浮かぶ小さな島々に生息していたタスマンアオツラカツオドリは、捕獲しやすい上に食用にも適していた。人間がそのことに気付いた時から、この鳥の受難の歴史が始まった。

 最初の悲劇が訪れたのは12~13世紀のことだ。オーストラリアの東に位置するノーフォーク島に移住してきたポリネシア人が手当たり次第に捕獲したので、絶滅寸前にまで追い込まれてしまった。

 だが彼らは絶滅してはいなかった。わずかな個体数ながらその後500年もの間、ロードハウ島に生息していたのだ。ロードハウ島は、ノーフォーク島とオーストラリアの間にある小島だ。

 その後、悲劇が再び彼らを襲う。ヨーロッパの船乗りたちが食用に乱獲したためだ。それ以来タスマンアオツラカツオドリは姿を消し、現在に至るまで絶滅したと考えられていた。

 だが研究者の間ではかねてから、絶滅したはずのタスマンアオツラカツオドリと、北タスマン海北部に現生しているアオツラカツオドリは近縁種なのではないかと推測されていた。この2つの種は、オス、メスともに体型が類似している上、どちらも翼が長いのが特徴だ。

 研究グループのリーダーを務めたニュージーランド、カンタベリー大学のタミー・スティーブス氏は話す。「こうした推測の真偽を検証するためには、動物学者や古生物学者、遺伝学者らの専門知識を結集しなければならない」。

 スティーブス氏らは、タスマンアオツラカツオドリの化石とアオツラカツオドリの骨を用意し、構造とDNAを比較した。その結果、両者の骨には構造上の違いがほとんどなく、DNAにいたっては完全に一致した。

 タスマンアオツラカツオドリは実際には絶滅しておらず、約300年もの間、アオツラカツオドリに名前を変えて生きていたことがわかったのだ。これについてスティーブス氏はこう話す。「ここ数十年の間、古生物学者と生物学者との間でコミュニケーションが不足していたことが原因だ」。

 当時、古生物学者らはオスとメスの区別がつかないままに骨の比較を行っていた。実際は、メスのタスマンアオツラカツオドリはオスに比べてはるかに小さい。事実、彼らが比較したのはメスのタスマンアオツラカツオドリの化石とオスのアオツラカツオドリの骨で、体格の違いから両者が異種だと判断してしまったのだ。

 スティーブス氏は今回の研究に着手する以前から、非常に多くの共通点を持つタスマンアオツラカツオドリとアオツラカツオドリが、同じ進化系統に属する近縁種であると予測していた。しかし、両者が完全に同種であるとは予想だにしていなかった。

 同氏はこう語る。「同種だとわかったときは本当に驚いた。これほど明確な結果が出ることも珍しい。徹底した野外調査を行った末に、絶滅したはずの鳥類が再発見されることはよくあるが、われわれはそれを実験室の中だけで発見した。このような事例は初めてだろう」。
スポンサーサイト

theme : ありえない情報ニュース
genre : ニュース

2009-04-03(Fri)

切られた羽が生えて…逃げたアフリカハゲコウ、捕獲難しく

20090403-00000536-yom-soci-thum-000.jpg

4月3日12時8分配信 読売新聞

 千葉市動物公園(千葉市若葉区)から大型鳥「アフリカハゲコウ」の雌1羽が逃げ出した。3日早朝から、職員による捕獲作戦が行われている。

 同園によると、2日午後3時頃、飼育している2羽のうち1羽が逃げたのに職員が気付き、夕方、近くの民家の屋根にいるのを見つけた。夜明けを待って約20人の職員総出で捕獲する予定だったが、職員が近づくと、すぐに飛び立ち、樹木などに移動。3日午前7時半頃からは、高さ約20メートルの木に止まったまま、職員を見下ろしている。

 同園によると、アフリカハゲコウはコウノトリ科で、体長約1メートル20、体重は5~7キロ。肉食性だが、人を攻撃することはないという。逃げた1羽は2008年11月から片方の翼の羽を切って、屋根のない屋外展示場で飼育していたが、飛べるまでに羽が伸びていた。職員は「鳴かないので鳴き声で呼び寄せることも出来ない」と頭を抱えていた。

theme : 気になるニュース
genre : ニュース

2009-03-17(Tue)

アジアからミッドウェーへ、漂流プラスチックが野鳥むしばむ

20090317-00000689-yom-soci-thum-000.jpg

3月17日14時59分配信 読売新聞

 コアホウドリの世界的な繁殖地として知られる北太平洋・ミッドウェー環礁。この地で米国・魚類野生生物局(FWS)などが進める漂着ごみの調査に、ボランティアの一員として昨年11月から先月まで参加した環境NPO会員の杉下純市(じゅんいち)さん(29)(山梨県北杜市)が帰国し、漂流するプラスチックが鳥たちを脅かす実態を証言した。

 同環礁を含む北西ハワイ諸島は、海流の影響で東アジア地域で出されたごみが流れ着く「ごみ集積ベルト」の中に位置し、年間約50トンの漂着ごみが回収される。

 杉下さんらが主な調査対象としたのは、環礁最大のサンド島にある2か所の砂浜。横たわっていたコアホウドリのヒナの死骸(しがい)からは、ライターや容器のフタなどプラスチック製の漂着ごみが見つかる。海面を浮遊するプラスチックを親鳥がエサと間違えてヒナに与えたもので、胃で消化されず、ヒナは衰弱していくという。

 滞在中に杉下さんがヒナの死骸から見つけたライターは、表面の文字が読み取れるものだけで約80個。中国語、ハングル、日本語の順に多かった。

theme : 気になるニュース
genre : ニュース

2009-03-09(Mon)

都会の森の人気者、「静かに見守って」

20090309-00000001-jijp-soci-view-000.jpg

東京・渋谷の明治神宮の森でじっと目を閉じて眠るオオコノハズク。褐色のため樹木と同化、目を凝らさないと分からないが、口コミ情報で森の小さな人気者に。「起こして寝不足にならないように」との気遣いも

theme : 気になるニュース
genre : ニュース

tag : オオコノハズク

2009-03-06(Fri)

フラミンゴ恋の季節 神戸・王子動物園

20090306-00000569-san-soci-view-000.jpg

求愛で鮮やかな朱に染まったフラミンゴハートの形にもみえる?! =神戸市灘区の王子動物園

theme : ニュース
genre : ニュース

tag : フラミンゴ ハート

2009-03-01(Sun)

新種のカエル 放鳥トキが食べていた

20090301-00000065-san-soci-view-000.jpg

3月1日8時1分配信 産経新聞

 国の特別天然記念物のトキ10羽が放鳥された新潟県佐渡市で、新種の可能性の高いカエルが発見された。本州以南に分布するツチガエルに似ているが、腹部が黄色で鳴き声も全く異なるため、佐渡の固有種とみられる。放鳥トキの大切な餌になっている。脊椎(せきつい)動物の新種が国内で発見されることは珍しい。

 厳寒期のトキの餌場を調査している元新潟大助教の関谷国男さん(66)(両生類学)が発見した。最初の出合いから13年。生息地域の確認や遺伝子解析など丹念な調査が実を結んだ。関谷さんは「貴重な種。トキに食べられてもいいくらいに増やしてほしい」と話す。

 関谷さんは平成15年度から始まった同大の地域支援活動「トキ・プロジェクト」のメンバーとして、トキのために復元した水田での両生類の生息状況や、放鳥後の冬場の餌場の調査を行っている。

 2月10日、カエルやイモリを精力的に食べるトキの姿を目撃、その中に腹の黄色いカエルを確認。18日に加茂湖周辺にある餌場を調査したところ、放棄水田の側溝の周辺3メートルの範囲で40匹を発見。冬場は、水温が高い場所に集まるため、大量発見につながった。

 ≪奇妙な声≫

 新種のカエルとの出合いは8年にさかのぼる。学生を連れて佐渡島内の同大臨海実験場を訪れた際、両津港から近い水田で腹が黄色いカエルを見つけた。普通のツチガエルは全体に灰色で背面はざらざらとして大小のこぶがあり、「ギュッギュッ」と鳴く。佐渡には腹部の黒いアカハライモリがいるなど独自の生物がいるため、最初は黄色いカエルを見ても、「地域的な変種かな」と、さほど気に留めなかったという。

 ところが、その翌年、島の北西部で「ビューンビューン」と奇妙な声で鳴いているのに気付き、「鳴き声が違う変種はない。新種と確信した」と関谷さん。

 ≪特定分布≫

 その後も毎年調査を続け、島の特定の緯度上のため池や水田に多く分布していることがわかった。北部の大佐渡と南部の小佐渡をそれぞれ横断する山脈を越えて生息しているという興味深い事実も突き止めた。

 さらに新種の裏付けには遺伝子的な知見が必要なため、広島大大学院理学研究科両生類研究施設の三浦郁夫准教授(50)に遺伝子解析を依頼。その結果、三浦准教授は「関東のツチガエルのグループと似ているが、遺伝子的には明らかに異なる」と分析。(1)鳴き声が全く違う(2)新種は腹部が黄色で背面はすべすべなど色と形状も違う(3)両者を交配させると生殖能力が非常に弱い上、子はすべて雄-などを根拠に挙げ、「新種と推定される」と話す。

 研究の一部を日本爬虫(はちゅう)両棲(りょうせい)類学会で発表。昨年3月には、三浦准教授らと共同論文をまとめ、同学会刊行の英文専門誌「カレントハーペトロジー」に提出した。同誌への掲載を待ちながら、現在、新種記載論文をまとめている。関谷さんは「偶然の発見から13年もかかったが、トキとともに保護してほしい」と話す。

theme : ありえない情報ニュース
genre : ニュース

2009-01-21(Wed)

トキ3羽“危機一髪” カラスと空中戦

20090120-00000612-san-soci-view-000.jpg

新潟県佐渡市で試験放鳥されたトキ3羽(オス1匹メス2匹)に約10羽のハシブトカラスの群れが次々と襲いかかり、餌場の上空はさながら空中戦のようだった=20日午前10時08分、新潟佐渡市の加茂湖周辺で

theme : 気になるニュース
genre : ニュース

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
フリーエリア

カテゴリー
プロフィール

ConB

Author:ConB
生き物って素晴らしい!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
QRコード
QRコード
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。