--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008-12-26(Fri)

干支 袋の鼠で来年は課題ギュウギュウ…通天閣で引き継ぎ

20081226-00000006-maip-soci-view-000.jpg

今年の干支のネズミが来年の干支のウシの上に乗り、行われた引き継ぎ式=大阪市浪速区の通天閣で2008年12月26日
スポンサーサイト

theme : 気になるニュース
genre : ニュース

2008-12-24(Wed)

今年も来ました 「とさかカモメ」(和歌山)

20081224-00000005-agara-l30-view-000.jpg

【今年もみなべ町にやってきたとさかカモメ(和歌山県みなべ町堺で)】 (紀伊民報)24日17時3分更新

theme : 気になるニュース
genre : ニュース

2008-12-17(Wed)

乗馬猿 サル馬一体、障害もラクラク 三重・伊勢

20081216-00000015-maip-soci-view-000.jpg

馬のクレオの手綱を握りしめ乗馬する猿のキューピー=三重県伊勢市の伊勢乗馬センターで

theme : ありえない情報ニュース
genre : ニュース

2008-12-17(Wed)

微笑ましいバックシャン=ドイツ

20081217-00000000-jijp-int-view-000.jpg

うしろ姿、均整がとれて何とも美しい!?私たち分かります?ベルリンの動物園で遊泳中のカバの親子連れです。赤ちゃんカバ(右)は11月29日に生まれたばかり。お母さんと寄り添って水中散歩、楽しそう(16日)

theme : 気になるニュース
genre : ニュース

2008-12-15(Mon)

珍しいホワイトライオンが誕生=セルビア

20081215-00000046-jij-ent-view-000.jpg

珍しいホワイトライオンが誕生=セルビア (AFP=時事)15日12時44分更新

theme : 気になるニュース
genre : ニュース

2008-12-14(Sun)

放鳥のトキ1羽死亡確認、野鳥に襲われたメスか

20081214-00000522-san-soci-view-000.jpg
 新潟県佐渡市で9月に放鳥した国の特別天然記念物、トキ10羽のうち、1歳の雌の1羽が同市の山中で死んでいるのが14日、見つかった。放鳥したトキの死が確認されたのは初めて。

環境省佐渡自然保護官事務所によると、死んだトキは14日午前10時半ごろ、佐渡市両津地区の杉林で、地元住民が発見。散乱した羽根と肉がほとんどない骨の一部が見つかった。

 個体識別用の15番と記された緑色の足輪から放鳥された雌の1羽と、佐渡トキ保護センターの金子良則獣医師と事務所職員が確認。死骸(しがい)は同事務所が収容した。

 死んだトキは今月9日、約5時間、歩かずにうずくまっているのが確認され、その後最後に飛び立ったのが目撃された場所から約500メートル離れた杉林で死骸が見つかった。野鳥に襲われ、中心神経を損傷したとみられる。

theme : 気になるニュース
genre : ニュース

2008-12-14(Sun)

頭部強打し失明? 試験放鳥トキ

20081214-00000067-san-soci-view-000.jpg

 新潟県佐渡市で試験放鳥されたトキのメスが9日、佐渡島で野鳥に襲われた問題で、トキは頭部を強打し、左目の視力を失うようなけがを負った可能性の高いことが13日、産経新聞の写真を見た専門家の分析で分かった。

 襲撃から約1時間半後の9日午前に撮影した写真を見た佐渡トキ保護センターの金子良則獣医師(50)は「左目が半分ほどしか開いていない。首は腫れて血のようなものも見える」と判断。パニックになったトキが頭を木などで強く打ち、中枢神経を損傷したとの見方を示した。

 また、トキが地面を転げ回り羽をばたつかせたことについて、金子獣医師は「バランスを崩し、立てない感じ。視力や神経系の異常を裏付ける。異常があるのは間違いない」と話した。メスのトキの安否は9日以降、確認されていない。

theme : 気になるニュース
genre : ニュース

2008-12-13(Sat)

悪質エサやりに罰金…東京・荒川区が初の禁止条例

12月13日8時42分配信 読売新聞

 カラスや野良猫など、飼われていない動物にエサを与えて集め、住民に迷惑をかけることを禁止する東京・荒川区の「良好な生活環境の確保に関する条例案」が12日、同区議会で賛成多数で可決された。

 悪質なエサやりに対し、罰金を科すこともできるとした条例の制定は全国初。来年4月からの施行を目指している。

 条例では、当事者に対し区が立ち入り調査し、エサやりなどをやめるよう勧告や改善命令を出せるほか、警察への告発もできる。調査を拒むと10万円以下、命令に従わない場合は5万円以下の罰金。大量のごみを集めて迷惑をかける「ごみ屋敷」にも適用される。

theme : 気になるニュース
genre : ニュース

2008-12-10(Wed)

泥火山で“メデューサ”・ワームを発見

20081210-00000001-natiogeop-int-view-000.jpg

 海底で新種のチューブワームが発見された。その姿形を発見者のアナ・ヒラリオ氏は、頭髪をヘビに変えられた伝説のメデューサに例えるが、もちろん見たものを石に変えてしまう目は持ち合わせていない。控えめなヒラリオ氏は、少なくとも1種にはギリシャ神話のその怪物にちなんだ名前を付けようと考えている。

 ポルトガルのアヴェイロ大学に在籍するヒラリオ氏とその調査チームは最近、カディス湾の泥火山で20種の小さなワームを発見した。カディス湾は、スペインの南西にある大西洋の入り江である。

 泥火山とはメタンに満ちた流動体が海底から染み出てくる場所のことであり、ヒラリオ氏によれば、そこは非常に豊かな生態系のエネルギー源になっているという。

 しかし、体内の特殊な器官内にすみつくバクテリアに頼って生き延びているチューブワームはとらえどころが無く、いまだ科学的にほとんど解明されていない。

theme : ニュース
genre : ニュース

2008-12-10(Wed)

<猿団子>お~寒! おしくらまんじゅうで温め合い 香川・銚子渓自然動物園

20081209-00000015-maiall-soci-view-000.jpg

寒さをしのぐために団子になる猿たち=香川県土庄町のお猿の国で

theme : ニュース
genre : ニュース

2008-12-09(Tue)

犬にも不当な状況を察したり嫉妬する感情=研究

52_353291.jpg

 [ロンドン 8日 ロイター] オーストリアの研究者らが8日、犬も不当な状況を察知したり、嫉妬に似た感情を表すことができるとの研究結果を発表した。

 研究を主導したウィーン大の動物心理学者、Friederike Range氏によると、ほかの犬が芸をしておやつをもらったのに自分はもらえなかった場合、不機嫌になったり「お手」を拒んだりすることが確認された。同氏は「われわれが普段動物に対して考えているよりもずっと複雑な感情だ」と述べた。

 また、ほかの犬がもらっているのに自分は褒美がもらえない場合、体をなめたり引っかいたり、ストレスを感じている様子を見せたという。

theme : 気になるニュース
genre : ニュース

2008-12-06(Sat)

豪州では慣れっこ!?知らない?

20081206-00000009-jijp-int-view-000.jpg
12月6日11時37分配信 時事通信

オーストラリア東部サンシャインコーストのゴルフコースを悠然と横断するカンガルー。珍客の来訪でさぞや混乱かと思いきや、ラウンド中の選手は至って平静。豪州では日常のひとこま?聞いてみたら分かるかも

theme : ニュース
genre : ニュース

2008-12-05(Fri)

<カピバラ>1年間お疲れさま 露天風呂に「いい湯だな」

20081205-00000014-maiall-soci-view-000.jpg

露天風呂につかり、満足そうな表情のカピバラ=長崎県西海市の長崎バイオパークで2008年12月4日

theme : ニュース
genre : ニュース

2008-12-03(Wed)

「なかなか見られませんヨ」サケの赤ちゃん次々と…札幌・科学館

20_20081203-112158-1-N.jpg

 札幌市豊平川さけ科学館(同市南区)で、卵から次々と孵化(ふか)したサケの赤ちゃんが、かわいらしい姿を見せている。

 孵化が始まったのは10月中旬から。栄養袋をつけたサケの赤ちゃんや、目が黒く透けて見える受精後約1か月の卵を見ることができる。

 岡本康寿館長(41)は「自然界ではなかなか見ることができないので、ぜひ見に来てほしい」と話している。

theme : ニュース
genre : ニュース

2008-12-02(Tue)

最後の1頭・ピンタゾウガメに2世誕生の期待…ガラパゴス

20_20081202-094488-1-N.jpg
2世誕生に期待がかかる「ロンサム・ジョージ」(エクアドル・ガラパゴスで)


 この地球上でたった1頭になったカメの行く末に今、世界が注目している。

 南米エクアドル・ガラパゴス諸島に生息していたピンタゾウガメの最後の生き残りとされるオスで、人間なら50歳近い推定80歳前後。1971年、同諸島のピンタ島で発見されたが、以来ずっと、メスには興味を示さず、つけられた名前も「ロンサム・ジョージ」(ひとりぼっちのジョージ)。

 しかし、お嫁さんとして送り込まれていたメスが今夏初めて産卵、2世誕生への期待が一気に高まった。

 ピンタゾウガメは、11亜種が確認されているガラパゴスゾウガメのひとつだ。ガラパゴスゾウガメは島ごとに甲羅の形などが異なり、チャールズ・ダーウィンが進化論を着想するヒントになった。しかし、ピンタゾウガメは乱獲や外来種の侵入などが原因で、ジョージ発見までは絶滅したと考えられていた。

 ガラパゴスで増殖活動を続けるチャールズ・ダーウィン研究所では93年以降、近縁種とのペアリングを試してきたが、孤高を保つジョージに皆あきらめ気味。だが、15年たった今夏になぜか、お嫁さんが計16個の卵を産み、孵卵器(ふらんき)で温められてきた。

 卵は早ければ11月上旬に孵化(ふか)する予定だった。しかし、うち13個は産卵時よりも軽くなったり、カビが生え穴が開いたりして、無精卵だったことがわかった。カメの生態に詳しい自然環境研究センター研究主幹の千石正一さん(59)によると、〈1〉交尾に似ているが、受精はしない行動で産卵が誘発された〈2〉繁殖行動を長い間とっていないために精子そのものに問題がある可能性がある--という。

 残る3個は大きさや重さに今のところ変化がない。ガラパゴス国立公園局は「卵がかえるとすれば年末年始ごろ」としている。上野動物園(東京・台東区)でリクガメの飼育を担当する野口利夫さん(54)は「1年だけでは繁殖能力の有無は判断できない。交尾に興味を示した以上、来年以降もチャンスがあるのでは」と期待する。

 ただ、子どもが誕生したとしても、純粋なピンタゾウガメではない。生まれた子どもの交配を繰り返しても、限りなく近い種になるには数世紀以上かかる。千石さんは「近縁種との交配は、やむを得ない最終手段。なぜこういう状況になるまで種の保護活動ができなかったのか考えてほしい」と指摘している。

YOMIURI ONLINE

theme : 気になるニュース
genre : ニュース

tag : ロンサム・ジョージ

カレンダー
11 | 2008/12 | 01
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
フリーエリア

カテゴリー
プロフィール

ConB

Author:ConB
生き物って素晴らしい!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
QRコード
QRコード
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。